トイレの水漏れで怖いウォシュレットの修理

温水洗浄便座というのが本来の名称ですが、ウォシュレット 水漏れは大きな問題になってしまうことが出てきます。以前はかなり珍しいものでしたが、価格も下がり、どこでも目にするようになってきました。ウォシュレットという商品名が定着したのも、それだけ身近なものになったということです。だからこそ、水漏れのトラブルが起きた時には、一体どうしなければいけないのかを考えておく必要があります。

■感電しない安全な状況を作ってから

トイレに設置されている温水洗浄便座が問題を起こした時には、まずは焦らないことが大切です。いろいろな原因がありますが、まずは水を止めることが必要になってくるでしょう。トイレの周りを見ると、必ず止水栓があります。この止水栓を締めることによって、水は流れてこなくなるため、トラブルは収まるのが基本です。さらに、電気を使っていることが重要になってくるため、コンセントから抜いて電気を止めなければいけません。ただし、コンセントに水がかかってしまっているときには、水に触れるだけで感電する可能性があります。一時的でもブレーカーを落としてから水を止め、コンセントから抜き取り修理に移ることが必要になるでしょう。

■ノズルだけではなく本体に問題があることも

さまざまな原因から水漏れが起きてくることになりますが、ノズルが最も多いポイントになってきます。リモコンの故障などもあり、使っていないのに便器の内部に流れていくことが主な問題になるため、外部への影響が少ないところになるでしょう。問題は本体の故障や接続部分です。本体内部に流れ込んでいくこともありますし、非常に危険な作業も出てきます。専門知識がなければ対応できなくなるのは、電気製品だからです。水抜き栓のような部分であっても、簡単にパッキンを交換することができません。思っている以上に難しい作業になってくるため、うかつに分解したりしないようにしなければいけないでしょう。

■まとめ
水漏れといっても、簡単に処理ができるわけではありません。特に電気を使っている設備となると、複雑な問題を生み出すことになってきます。無理に取り外して修理をしようとすれば、両方を傷つけてしまうことになりますし、最悪は火事になってしまうような事態も考えられます。トラブルが拡大して水浸しになってしまうようなことも出てくるのですから、決して無理をすることなく、専門家に修理を依頼する方法を考えていく必要があるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ