トイレ水漏れで交換など大きな工事になるケース

トイレの水漏れは、いろいろな問題を発生させることになります。できるだけ早く修理をする必要がある理由を考えていく必要があるでしょう。最悪のケースとしては、トイレの交換といったことにも繋がってきます。水が漏れるということは、致命的な問題になっていることもあるのですから、派生していく被害と対処方法も普段から考えておかなければいけません。万が一の時に焦ったりしないようにするためにも、決めごとははっきりとさせておくことが重要です。

■水漏れを見つけた時には

トイレの水漏れを発見したときには、被害を拡大しないようにしていかなければいけません。どこから漏れているのかといったこともありますが、大量の水が流れてきているのであれば、まず止水栓を締めます。トイレを見ると、タンクなどにつながる給水管を見つけることができるでしょう。ここには必ず止水栓があります。この栓を締めることによって、給水が絞られ止めることが可能です。いくつかのパターンがあり、手で締められるものもありますが、マイナスドライバーを使うものが一般的になりました。専用の工具を使って締めるものもあるため、焦らないように確認しておくことが一番です。これでも止められないときには、元栓を締めることになるでしょう。

■トイレの交換にもなるような水漏れ

問題はどこから水漏れを起こしているかです。止水栓を締めて水が漏れてこなくなってから原因を探していくことになりますが、陶器である本体のどこかにひびが入り、水が漏れてきていることを見つけた時にはトイレの交換を検討しなければいけません。陶器はそのまま復元することはありません。ひびが入ってしまう理由はいろいろとありますが、強い力がかかってしまうというのが大きな原因です。地震などもありますが、スマートフォンなどを落としてぶつけてしまうようなことも考えられます。小さなひびが入っていて気が付かず、だんだんと大きくなり漏れてくるということもあるため、工事をして交換を考えなければいけません。

■まとめ
トイレの修理の中でも、交換となればかなり大々的な工事になります。水洗トイレの交換であれば、最短で1日あればできることもありますが、構造の変更が必要になってくると時間はかかることになるでしょう。水漏れが続けば大きな損失にもなりますし、生活にも影響を与えていくことになるため、掃除をするときには確認しておくことが大切です。こまめに掃除をしておけば、大きな問題になる前に気が付くこともあるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ